計算プログラム

アンカー強度計算

各種合成構造設計指針では、アンカーボルトのサイズの適用範囲は以下のようになっています。(詳細は指針を参照して下さい。)適用範囲外の条件とする場合は、問題と考えられる点に対する適切な配慮をもってこの指針を準用することができるものとされています。

■アンカーボルトのサイズの適用範囲

金属系拡張アンカーボルトのねじ径 9~20mm
接着系アンカーボルトのアンカー筋の呼び径 9~25mm

金属系拡張アンカー耐力検討書(非構造用)

金属系拡張アンカー耐力検討書(非構造用)

(一社)日本建築学会刊行「各種合成構造設計指針・同解説 2010 年改訂版」に記載されている” 資料5金属系拡張アンカーボルトの設計” に基づいた計算プログラムです。

詳しくはこちら

(各)接着系アンカー

(各)接着系アンカー

各種合成構造設計指針・同解説(日本建築学会)に基づいた接着系アンカーボルトの強度計算プログラムです。

詳しくはこちら

現場用計算

有効投影面積計算

有効投影面積計算

有効投影面積計算(※へりあきあり)が出来ます。

詳しくはこちら

質量・トルクSI単位換算

質量・トルクSI単位換算

質量・トルクのSI単位換算が出来ます。

詳しくはこちら

樹脂量計算

樹脂量計算

5種類のアンカー樹脂量計算が同時にでき、本数・ロス率の樹脂量計算が出来ます。

詳しくはこちら

アンカーボルトの降伏耐力計算

アンカーボルトの降伏耐力計算

ミリネジ(M)・インチネジ(W)・異形鉄筋(D)ボルトの降伏耐力計算ができます。

詳しくはこちら

「計算プログラム」を見た人に
おすすめのコンテンツ

pagetop